ソルビトール液(ソルビット液)の育毛剤の成分としての効果そして安全性について


sweetener

 

 

ソルビトール液(ソルビット液)はブブカなど有名育毛剤に
含まれている成分ですので、安全なものかどうか気になりますよね。

 

そこで今回、ソルビトール液(ソルビット液)について
調べてみました。

 

まずは、ソルビトール液(ソルビット液)がどのようなものなのか
見ていきましょう。

 

 

ソルビトール(ソルビット)の使用用途は幅広い

 

ソルビトール(ソルビット)という成分自体は、
ジャガイモのでんぷんやトウモロコシを原料としてつくられ、
様々なものに使用されています。

 

食品には、甘味料として魚介加工品、ハム、ジュース、甘納豆、
ようかん、あめ、ガムなどに使用されています。

 

ソルビトール(ソルビット)には、甘味料としてだけでなく、
保湿性が高くたんぱく質が安定する性質があるため、魚のすり身
などの食感の維持にも使用されています。

 

 

ソルビトール液(ソルビット液)の効果について

 

ソルビトール液(ソルビット液)は保湿効果があるため、化粧品に
使用されています。

 

保湿効果があるため、ソルビトール液(ソルビット液)が
育毛剤に含まれれば、頭皮を乾燥から保護し潤いを与え、
頭皮環境を整えることで抜け毛を予防できるのではないでしょうか。

 

 

ソルビトール液(ソルビット液)の安全性について

 

WHOでは一日当たりのソルビトール液(ソルビット液)の摂取量の
制限は不要とされていて、極めて毒性の低い成分として認定している
ようです。

 

日本においても、安全性は高く副作用の心配もほぼないと
考えられています。

 

体質にもよりますし、過剰摂取はよくないと思いますが、
化粧品など肌に対する安全性が問われる商品にも用いられている
ことから、ソルビトール液(ソルビット液)はそれほど危険では
ないと考えられるのではないでしょうか。

 

 

 

 

【追記】安全な育毛に興味がある方へ

 

あなたも育毛する方法を検討するとき、副作用がない方法が
あればいいなと考えたことはありませんか。

 

現在、内服薬や外用薬を含め育毛剤には様々なものがあります。

 

AGA治療薬として代表的なのがフィナステリド(プロペシア)と
ミノキシジル(ミノタブ)です。

 

この2つの薬の併用は最強の育毛法といわれ、確かにAGAに対して
効果があります。

 

 

しかし、フィナステリド(プロペシア)には、
副作用として男性機能の低下や肝機能障害が出る恐れ、
ミノキシジル(ミノタブ)には、むくみや低血圧、
多毛症(毛深くなること)などの副作用が出る
恐れがあります。

 

また、リアップX5のようなミノキシジル溶液の場合、
頭皮がかぶれる恐れがあるようです。

 

特にフィナステリド(プロペシア)に関しては少数とは
言われていますが、これら効果がある育毛剤には副作用の恐れが
あります。

 

AGAは克服したいけど、副作用が出るかもしれないといわれると、
使用するのに勇気が要りますよね。

 

 

そんなあなたに是非お伝えしたいことがあります。

 

 

薬を使わず副作用のリスクを負わなくてもAGAを克服することは
可能であるという事実を。

 

 

私は最初のころ、フィナステリド(プロペシア)でAGA治療を
していましたが、私の場合、コストが高かったことが不満で
最終的に薬を使わない育毛に変更しました。

 

薬を使わない育毛を実践したので、結果的に副作用のリスクを
避けることにも成功しました。

 

 

育毛剤による育毛が目立っているためあまり知られていませんが、
薬を使わずにAGAを克服することは可能なのです。

 

私はこのことを伝える活動をブログやメルマガでしています。
是非あなたにもこの事実について知っていただきたいと思います。

 

私の育毛に関する考えについてはほかの記事で語っていますので、
是非ご覧になってみてください。

 

また、メルマガにご登録いただいた方限定で私がAGAを克服した
方法をそっと明かしています。

 

今なら登録が無料ですので、副作用ゼロの育毛にご興味があれば
今のうちにどうぞ。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ