フィンペシアと酒の関係を気にせずにAGAを克服する方法


orionbeer

 

 

フィンペシア服用中に酒を飲むことが危険な理由

 

あなたは、おそらく会社の付き合いなどでお酒を飲む機会があり、
フィンペシアを服用しても大丈夫かどうか知りたくて
このブログにたどり着いたのではないでしょうか。

 

結論から言いますと、フィンペシアを服用している期間中に
お酒を飲むことは危険であると考えられます。

 

プロペシアが本家の薬になりますが、
プロペシアは肝臓で吸収されることが知られています。

 

プロペシアのジェネリックであるフィンペシアも
肝臓で吸収されると考えられます。

 

プロペシアにしてもフィンペシアにしても、
副作用として肝機能障害が挙げられます。

 

全員が肝機能障害を起こすわけではありませんが、
肝臓で吸収され、肝機能障害が副作用として
挙げられているということは、肝臓に負担がかかる可能性がある
ということです。

 

それに酒まで追加してしまうと、肝臓への負担が上乗せされてしまう
恐れがあります。

 

オオサカ堂などのフィンペシアの販売ページでは
特に酒に注意するようにというような記述はありませんが、
フィンペシアと酒が肝臓に負担をかける可能性を考えると、
両方飲むのはあまり好ましいとは言えないでしょう。

 

 

お酒を飲む機会がある場合は、フィンペシア以外の方法で育毛してみては?

 

仕事関係の酒の席で「育毛しているのでお酒は勘弁してください」
とはいいづらいでしょう。

 

かといって、フィンペシアをやめると髪が抜けてしまう・・・。

 

 

ではどうすればいいか?

 

 

フィンペシアを使わなくても済む方法で育毛すればいいのです。

 

フィンペシアを服用しなくても済む方法をそれは・・・
薬を使わない育毛法です。

 

フィンペシアなどのAGA治療薬や育毛剤などの存在が目立っているので
あまり知られていませんが、薬を使わずにAGAを克服することは
可能なのです。

 

 

なぜそんなことが言えるのか?私が薬を使わずにAGAを克服することに
成功したからです。

 

私はプロペシアやフィンペシアなどAGA治療薬のあるデメリットに
不満を持ったことがきっかけで薬を使わない育毛法を見つけました。

 

AGA治療薬のあるデメリットそれは、
服用している間しか効果がないことです。

 

プロペシアにしてもフィンペシアにしても、AGAによる抜け毛を
食い止める効果はあります。

 

しかし、それは服用している間だけです。
服用を中止すれば再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生プロペシアやフィンペシアを
服用し続けなければならないということです。

 

私はこのことを非常にわずらわしく思いました。

 

このわずらわしさから解放されるべく、ほかの方法を探した結果、
薬を使わない育毛法にたどり着いたのです。

 

あなたはフィンペシアから薬を使わない育毛に切り替えることで、
酒の席でフィンペシアによる肝臓の負担を気にする必要が
なくなるのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、副作用のリスクを避けられる、
最終的には薬を使わずに髪を維持できるようになるなど
多くのメリットを得ることができます。

 

 

私は現在メルマガを発行しています。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

その名の通り、低コストで育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクのない安全な育毛に関しても重視しています。

 

低コスト育毛倶楽部にご登録いただければ、
私が薬を使わずにAGAを克服した方法を
お伝え致します。

 

今なら無料で登録できます。

 

フィンペシアによる肝臓の負担を気にすることなく
AGAを克服したいと考えているなら、
無料期間中にご登録を。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ