恐怖の副作用!プロペシアによる初期脱毛について


afraid

 

プロペシア服用の際に初期脱毛という恐ろしい副作用が見られると

いう話は有名ではないでしょうか。

 

私も服用する前に初期脱毛のことは聞いていました。確かに、

私にも初期脱毛の恐怖はありました。

 

しかし私の場合は、何も治療をせずに毛根が死んでハゲになる

恐怖が初期脱毛の恐怖を凌駕してしまったので、迷わずプロペシア

服用を決めました(笑)

 

正常時の場合でも、1日100本前後は髪が抜けるそうです。

ブログなどに綴られている体験談を見てみると、初期脱毛による

抜け毛の本数は200~500本くらいのようです。

 

初期脱毛の経験をされた方にとっては想像を絶する恐怖だったこと

でしょう。

 

初期脱毛にはヘアサイクルが関係しているように思われます。

まずは、そのことについてお話ししたいと思います。

 

■ヘアサイクルについて

 

ヘアサイクルは、成長期、退行期、休止期の3つに分けられるよう

です。

 

■成長期

 

成長期において、毛母細胞が活発に分裂を繰り返し、新しい髪を

上に押し上げて成長させます。

 

期間はおよそ3~6年でこの時期の髪が占める割合は全体の80~90%

です。

 

■退行期

 

退行期は、毛母細胞による髪の成長が弱まる時期にあたります。

成長期から休止期に移行する期間にあたるため、2~3週間と期間が

短めです。

 

退行期の髪が占める割合は1%ほどだそうです。

 

■休止期

 

休止期には、髪の成長が止まり、髪が抜けるのを待つ状態と

なります。

 

毛母細胞は新しい髪を生成する準備を始めます。

 

休止期は数か月間続き、この時期に占める髪の割合は10%ほどです。

休止期を経て成長期へと移行します。

 

このようにして、

 

成長期⇒退行期⇒休止期⇒成長期・・・・

 

というサイクルを繰り返します。これがヘアサイクルのメカニズム

です。

 

また、ヘアサイクルは1本1本異なりますので、髪の毛が一気に

抜けることは通常ありません。

 

ヘアサイクルについては、Youtubeにあった以下の動画を引用

しますので、参考にしていただければと思います。

■AGAとヘアサイクルの関係

 

先に見てきたように、成長期は3~6年ほどの期間ですが、AGAに

より脱毛の時期が早められ、成長期が短縮されることで、

ヘアサイクルが乱れてしまいます。

 

プロペシアにより、AGAによる脱毛を食い止め、成長期の期間を

伸ばし、乱れたヘアサイクルを元に戻すことによって、薄毛を

治すことができると考えられています。

 

■初期脱毛をどうとらえるべきか

 

初期脱毛の期間は個人差があるらしく、1~2週間から長くて

1~2か月ほどだそうです。

 

色々な体験談を読んでみると、初期脱毛の期間が過ぎた後は、

脱毛が治まり、回復に転じているようです。

 

どうも初期脱毛で抜ける髪というのは、休止期の髪らしいです。

つまり、抜けるのを待つだけの髪が前倒しで抜けているという

ことのようです。

 

いずれ生え変わるために抜ける予定の髪が早めに抜けただけと

いうことなので気にしなくてもいいのではないでしょうか。

(該当者の方にとっては恐怖かもしれませんが)

 

これは、抜け毛が増えたのではなく、乱れたヘアサイクルを正常に

戻すための過程だと捉えることができると思います。

従って、初期脱毛はプロペシアが効いている証拠だと考えていいの

ではないでしょうか。

 

■初期脱毛がなければ、効き目がない?

 

初期脱毛がなければ、プロペシアの効き目が弱いという意見が

ありました。

 

実は、私がプロペシアの服用を始めたころ、初期脱毛はありません

でした。

 

しかし、以前述べたように、軟毛化が改善するなどプロペシアの

効果を実感することができました。

 

確かに初期脱毛のある方に比べて効き目が弱かったかも

知れません。

 

それでも、プロペシア服用により一定の効果を得ることが

できました。

 

以上より、初期脱毛があってもなくてもプロペシアの効果はある

と私は考えます。

勇気のいることではありますが、初期脱毛を恐れず、育毛に取り

組んでみてはいかがでしょうか。

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ