ミノタブの耐性については心配いりません。なぜだかわかりますか?


 

 

ミノタブ(ミノキシジル)の耐性について

 

私もかつてはミノタブ(ミノキシジル)を飲んでいましたので、
もし耐性がついてしまったらどうしようと
心配していました。

 

ミノタブ(ミノキシジル)でせっかくフサフサになれたのに、
耐性がついたら効き目が薄くなってしまう。

 

ミノタブ(ミノキシジル)を服用していれば、
そういった不安を持つのは当然です。

 

 

では、ミノタブ(ミノキシジル)を長期間服用すると、
本当に耐性がついてしまうのでしょうか。

 

ネット上で様々な議論があるものの、
ミノタブ(ミノキシジル)の耐性については、客観的な統計、データ、
研究結果がないようなので、ミノタブ(ミノキシジル)を飲んで本当に
耐性がついてしまうかどうかはわかりません。

 

また、薬の耐性については個人差があるので、
ミノタブ(ミノキシジル)を飲んで耐性がつくかどうかも
個人差があるかもしれません。

 

 

ミノタブの耐性について気にする必要がなくなった。一体なぜ?

 

私もかつては、ミノタブ(ミノキシジル)を服用していました。

 

そして、今はまだ耐性はついていないけど、
いずれは耐性がついてしまうかもしれない。

 

そうなると、せっかくフサフサになった髪が
またもとの薄毛に戻ってしまう。

 

服用していたころはそんな不安を抱えていました。

 

しかし、今ではそんな不安とは無縁の生活を
送っています。

 

なぜ、私がミノタブ(ミノキシジル)の耐性について
不安を感じる必要がなくなったのか、詳しくはメルマガにて
お伝えしていますので、下のほうにある登録フォームより
メールアドレスを入力の上メルマガに登録してみてください。

 

もし、まだ登録を決めかねている場合は、
私がミノタブ(ミノキシジル)の耐性について
気にしなくてもよくなった経緯について
お話ししたいと思います。

 

 

20代で薄毛になるなんて思わなかった

 

私は26歳の頃、仕事のストレスを多く抱えていました。

 

仕事上のストレスは大きかったものの、
生活のことを考えると、我慢して続けざるを得ませんでした。

 

仕事のストレスを受け続けながら生活していたある日、
鏡を見ると、分け目が薄くなっていました。

 

父親が頭頂部ハゲであるため、私には遺伝的にハゲる要素が
ありました。

 

しかし、父親がハゲたのは40代か50代のころです。

 

従って、もし自分がハゲたとしても
それくらいの年齢からだと思っていました。

 

いくら仕事のストレスが多かったとはいえ、
まさか20代の若さでハゲるとは思わず
大きなショックを受けたことを今でも覚えています。

 

 

自力で育毛を試みるも・・・

 

20代の若さでハゲてしまった私は、
育毛の知識など全くなく何をすればいいか
わかりませんでした。

 

しかし、若ハゲになるのは嫌だと思い、
自力で育毛を試みました。

 

まず、ドラッグストアに行って抜け毛予防のスプレーを買って
シャンプー後に欠かさず頭皮にスプレーしました。

 

スプレーすると、爽快感のようなものはあったのですが、
それで抜け毛が減ることはありませんでした。

 

また、わかめやこんぶなどを食べると髪が生えるという
古い迷信を真に受けてわかめを多めに食べましたが、
それで髪が生えるということはありませんでした。

 

そのほか試したものとしてシャンプーブラシが
挙げられます。

 

シャンプーブラシは、頭皮の皮脂を除去して血行を良くするので
育毛にいいという宣伝内容を真に受けて、私はシャンプーブラシを
購入し、頭皮を一生懸命ゴシゴシ洗いました。

 

すると、育毛にいいどころか、もっと抜け毛がひどくなり、
風呂場の排水溝が抜け毛でいっぱいになってしまいました。

 

これは後になって皮膚科の医師に聞いた話なのですが、
シャンプーブラシに関しては、
業者が儲けたいからそう宣伝しているだけで、
実際にシャンプーブラシを使うと、頭皮が痛んで抜け毛がもっと
ひどくなってしまうのです。

 

このように、20代のころの私は
育毛に関して見当違いのことばかり繰り返していました。

 

 

29歳でAGA診断。プロペシア服用を開始するも・・・

 

 

 

仕事のストレスで薄毛になってから3年後、
私は29歳でAGA(男性型脱毛症)と診断されました。

 

それから、プロペシア(フィナステリド)の服用を開始しました。

 

しかしながら、プロペシア(フィナステリド)で治療を続けるのは
金銭的に厳しいと感じていました。

 

プロペシア(フィナステリド)には健康保険が適応されないため、
全額自己負担でAGA治療しなければならなかったためです。

 

私が服用していたころは、毎月1万円もかかりました。

 

1年間プロペシア(フィナステリド)を続けたので、
合計12万円もかかってしまいました。

 

効果に関しても満足できるものとは到底言えず、
これだけお金をかけても得られた効果は
せいぜい現状維持程度でした。

 

プロペシア(フィナステリド)は、ミノタブ(ミノキシジル)
とは違い、積極的に発毛を促すというよりは、
AGAによる抜け毛を食い止めるという
ディフェンス的なニュアンスの強い薬なのです。

 

プロペシア(フィナステリド)を服用することで
確かに、抜け毛は減るのですが、発毛を促進するわけではないので
髪が回復したという実感を得にくいのです。

 

高額な割に効果の薄いプロペシア(フィナステリド)に
私は不満を持つようになりました。

 

 

ミノタブを追加してフサフサになれた。しかし・・・

 

 

プロペシア(フィナステリド)だけでは満足できなかった私は、
ミノタブ(ミノキシジル)を追加することを検討しました。

 

ミノタブ(ミノキシジル)を追加することで懸念材料となったのが
コストでした。

 

プロペシア(フィナステリド)だけでもかなりの負担なのに、
ミノタブ(ミノキシジル)を追加してしまったら、
金銭的負担がもっとかかってしまう。

 

そんな懸念があったのです。

 

そこで、私はコストを減らせる方法がないか
探してみました。

 

すると、プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
効果をひと月当たり2千円程度で得られる方法を見つけたのです。

 

具体的な方法についてはメルマガで述べていますが、
プロペシア(フィナステリド)を1年続けても満足な効果が
得られなかったのが、この方法のおかげで2ヶ月程度で
髪が太くなるのを感じました。

 

そして、1年もたたないうちにフサフサになることができたのです。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
組み合わせはAGA治療最強の組み合わせといわれています。

 

プロペシア(フィナステリド)でAGAによる抜け毛を防いでいる間に
ミノタブ(ミノキシジル)で発毛を促進するという攻防一体の
効果的な育毛が可能になるからです。

 

私はこのAGA治療最強の効果をひと月たったの2千円程度で
得られたことに驚きと同時に大きな喜びを感じました。

 

しかしそれにもかかわらず、私はこの方法にも
強い不満を感じるようになりました。

 

 

AGA治療最強の組み合わせに不満を持った理由

 

私は、AGA治療最強ともいわれるプロペシア(フィナステリド)と
ミノタブ(ミノキシジル)の効果をひと月当たりわずか2千円程度で
得ることができ、フサフサになることができました。

 

 

しかし、私は完全に満足することはなかったのです。

 

むしろ、強い不満を持ち始めました。

 

それはなぜか?

 

このAGA治療最強の組み合わせにはある致命的な
欠点があったからです。

 

 

それは・・・服用をやめると効果がなくなることです。

 

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
組み合わせはAGA治療最強と言われており、確かに効果があります。

 

しかし、この組み合わせでフサフサになれたからといって
薬の服用をやめていいわけではないのです。

 

フサフサになれても、効果を維持したければずっと
飲み続けなければなりません。

 

これらの薬の効果があるのは服用している間だけで、
服用をやめれば効果がなくなり、再び薄毛が進行します。

 

つまり、髪を維持するために一生これらの薬を
飲み続けなければならないのです。

 

私はこのことに強い不満を抱くようになりました。

 

 

ある方法を見つけることで不満を解消できた

 

プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)を
一生飲み続けることに強い不満を持った私は、解決策を模索しました。

 

その結果、ある方法にたどり着きました。

 

私が見つけたその方法にかかるコストは
ひと月当たり2千円以下です。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

もちろん、髪を維持するために一生薬を飲み続ける必要も
ありませんでした。

 

これほど低コストかつ安全で私の不満を解消できる方法が
あることに驚きましたが、私はその方法を試してみました。

 

すると、プロペシア(フィナステリド)とミノタブ(ミノキシジル)の
効果でフサフサになった髪がさらにフサフサになり、
これらの薬を飲まなくても髪が維持できるようになりました。

 

今では、毎月の育毛コストはゼロ円です。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

プロペシア(フィナステリド)やミノタブ(ミノキシジル)などの
薬または頭皮に塗るタイプの育毛剤などの存在が目立っているため
あまり知られていませんが、薬を使わずにAGAを克服することは
可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで、
コストを大幅にカットできる、副作用のリスクを回避できる、
髪を維持するために一生薬を飲む必要がなくなるなど
多くのメリットを得ることができます。

 

もちろん、ミノタブを飲んで耐性ができたらどうしようと
悩む必要もありません。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛法について知ってもらい
悩みを解消していただきたいと思っています。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛する方法を目的としていますが、
副作用や耐性などで悩む必要のない育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、私がプロペシア(フィナステリド)や
ミノタブ(ミノキシジル)に頼らずにフサフサになれた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
薬を使わない育毛法に興味を持っていただけたなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ