ミノキシジルは副作用が心配だけどプロペシアと併用すると・・・


2tablets

 

ミノキシジルという薬はご存知でしょうか。プロペシアはAGAの薬

として有名ですが、ミノキシジルもAGAに効果がある薬として

知られています。

 

ミノキシジルは元々、高血圧の人向けの血圧を下げる薬として

使われていました。

ミノキシジルを服用している人の中で発毛効果が確認される人が

出始めて、AGA治療薬として使用されるようになったそうです。

 

一方で副作用に関して懸念する声もあります。今回は、ミノキシジル

は、育毛に有効なのかそして副作用は危険かどうかということに

ついて考えていきたいと思います。

 

■プロペシアとの併用で効果を発揮

 

プロペシアによって、テストステロンがDHTになるのを防ぎ抜け毛

を阻止するということは前にも述べたとおりです。

プロペシアには、脱毛を防止する効果はあるのですが、髪が増えた

と実感するまでには、長い期間を要します。

 

一方、ミノキシジルを服用すると血管が拡張し、血行が良くなり、

髪に栄養が行きやすくなり、発毛を促進することができます。

つまり、プロペシアは守り、ミノキシジルは攻めと例えることが

できます。

 

プロペシアとミノキシジルを併用することで攻防一体の育毛が

可能となるわけです。

 

■ミノキシジルは、外用薬よりも内服薬が効く

 

ミノキシジルは、外用薬として大正製薬販売の「リアップ」が

有名です。

 

しかしながら、リアップのような外用薬よりもミノキシジル

タブレットのような内服薬のほうが効果が高いそうです。

頭皮に直接塗る外用薬よりも、内服薬のほうが血流を通して

直接頭皮に届くため、よく効くのだそうです。

 

効き目だけで言えば、ミノキシジルタブレットを勧める人が

多いように思われます。

 

■気になるミノキシジルの副作用について

 

プロペシアと同様、ミノキシジルにも副作用があります。

まずは多毛症です。髪の毛が増えるのと比例して、体毛も毛深く

なります。体の血流が良くなるので、当然体中の毛も濃くなる

ようです。

 

そのほか、血圧の低下、動悸、めまい、むくみ、性欲減退など

の副作用がみられる人もいるそうです。

 

■ミノキシジルの実践者の意見はどうか

 

実践者の方々の意見を聞くと、動悸などの症状が表れる人もいる

ようです。

そのほか、血圧を下げる薬を別に処方してもらっている人も気を

つけたほうがいいという意見もありました。

 

体毛が濃くなった人もいるみたいです。

一方で、ミノキシジルの効果は高く、これほどAGAに効く薬はない

と絶賛する人もいるようです。

 

副作用がそれほど顕著に表れない場合、プロペシアとミノキシジル

の併用は、AGA治療においてかなりの効果が見込まれるようです。

また、ハゲるより毛深くなってでも発毛できたほうがはるかにまし

という考え方の人もいるようです。

 

■ミノキシジルはどこで処方してもらえるか

 

どうやら、一般の皮膚科等ではプロペシアのみの処方で、

ミノキシジルの処方は行われていないようです。

ミノキシジルはAGA専門クリニックで処方してもらえるそうです。

 

副作用が不安な方は、専門家のアドバイスを聞きながら、

ミノキシジルの服用を検討できるのでいいかもしれません。

 

■私の場合はどうかというと

 

私の場合は、一般の皮膚科でAGAと診断され、プロペシアのみの

治療を受けましたので、ミノキシジルは服用しませんでした。

 

また、プロペシアと同様ミノキシジルも自由診療らしく、

保険がきかないそうなので、両方の薬を併用する場合は費用が

かさむことになると思います。

 

プロペシアだけでも大きな負担だったので、仮にミノキシジルを

勧められても、服用はできなかったでしょう。

 

■プロペシア・ミノキシジルの活用の仕方は色々

 

薬の服用方法については色々方法があります。

ミノキシジルの副作用が怖ければ、プロペシアだけで治療する

こともできます。

 

体質的に副作用の心配がなければ、プロペシアとミノキシジルを

服用すれば、効果を優先して育毛することが可能です。

 

また、両方併用して髪の毛が回復したタイミングで、ミノキシジル

の服用をやめて、プロペシアのみ服用して髪の毛を維持するという

方法も可能ではないでしょうか。

 

副作用が懸念される方は、服用について十分に注意する必要が

ありますが、副作用の心配がない方にとっては効果的な育毛方法

ではないでしょうか。

 

 

 

【追記】30代の私がミノキシジルを必要としなくなった理由

 

30代の私はミノキシジルを必要としなくなりました。

 

なぜならば、別の方法でAGAを克服することに
成功したからです。

 

ミノキシジルだけでなく、プロペシア(フィナステリド)も
必要としなくなりました。

 

 

30代の私がミノキシジルやプロペシア(フィナステリド)を使わず
AGAを克服できた方法それは、薬を使わない育毛法です。

 

30代のAGA対策は、ミノキシジルやプロペシア(フィナステリド)などが
主流であるためあまり知られていませんが、薬を使わずにAGAを
克服することは可能なのです。

 

薬を使わない育毛に取り組むことで
副作用のリスクをゼロにできる、
コストを大幅にカットできるなど
多くのメリットを得ることができます。

 

是非、あなたにも薬を使わない育毛のメリットについて
知っていただきたいと思います。

 

 

そこで、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

名前の通り、コストをかけずに育毛することを
目的としています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
30代の私がミノキシジルやプロペシア(フィナステリド)に
頼らずにAGAを克服できた方法についてお伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
30代の私がミノキシジルやプロペシア(フィナステリド)なしで
AGAを克服した方法に興味を持っていただけたのなら
以下のページよりご登録を。

 
30代の私がミノキシジルを使わずAGAを克服できた方法はこちら


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ