プロペシアで癌になるのが不安な方のための育毛法


afraid

 

 

プロペシア(フィナステリド)で癌になるというのは本当?

 

このブログにたどり着いたあなたはおそらく、
プロペシア(フィナステリド)を飲むと癌になるという話を聞いて
不安になって、プロペシア(フィナステリド)と癌の関連性について
調べているのではないでしょうか。

 

プロペシア(フィナステリド)を服用中であれば、
癌のリスクがあるのかどうか心配になってしまいますよね。

 

では、本当にプロペシア(フィナステリド)と癌の関連性は
あるのかどうか見ていきましょう。
プロペシア(フィナステリド)と癌の関連性がうわさされるように
なったのは、アメリカのFDA(食品医薬品局)がある注意勧告を
出したことがきっかけのようです。

 

その注意勧告とは、「プロペシア(フィナステリド)には
前立腺癌のリスクがある」というものです。

 

後に、カナダの保健省も同様の注意勧告を出したようです。

 

ただし、前立腺癌のリスクが高まるのはフィナステリド5mgを
長期にわたって服用し続けた場合らしいのです。

 

プロペシアに含まれるフィナステリドは1mgまたは
人によって0.2mgです。

 

前立腺肥大を治療する場合は、プロスカーという
フィナステリド5mgを含む薬を服用することがあるので、
そういった場合は前立腺癌のリスクがあがるかもしれません。

 

しかし、AGA治療目的でプロペシアを飲んだ場合、
フィナステリド5mgを長期的に服用することは
通常ありません。

 

従って、AGA治療目的でプロペシア(フィナステリド)を
服用した場合は、それほど前立腺癌のリスクはないと
考えることもできるかもしれません。

 

 

プロペシア(フィナステリド)による癌のリスクを100%回避するための育毛とは?

 

AGA治療目的でプロペシア(フィナステリド)を服用した場合は、
癌になるリスクは少ないかもしれない。

 

それでも、プロペシア(フィナステリド)で癌になるリスクは
避けたい。

 

あなたはそう考えるかもしれません。

 

そんなあなたにおすすめしたい育毛法があります。

 

その方法で私もAGAを克服することができたのですが、
その方法では、プロペシア(フィナステリド)による癌のリスクを
一切負うことなく育毛することができるのです。

 

それどころか、プロペシア(フィナステリド)による副作用を
一切負うことなく育毛することが可能なのです。

 

しかも、コストはプロペシア(フィナステリド)の1/5以下です。

 

 

プロペシア(フィナステリド)による癌のリスクを避けられる方法
それは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

プロペシア(フィナステリド)がAGA治療薬として有名であるため
あまり知られていませんが、薬を使わずにAGAを克服することは
可能なのです。

 

プロペシア(フィナステリド)による癌のリスクだけでなく、
プロペシア(フィナステリド)の副作用全てのリスクを避けることができ、
金銭的負担を減らすことができる育毛法がある。

 

あなたにもその事実について知っていただきたいと思います。

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、お金をかけずに育毛することを目的としていますが、
薬を使わない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにAGAを克服できた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。

プロペシア(フィナステリド)による癌のリスクを避けて
AGAを克服する方法を知りたい。

そう思っているなら、無料期間のうちにご登録を。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ