ポラリスの副作用が心配な方のための安全な育毛法


ポラリスの副作用について

 

ポラリスは、アメリカのポラリス社が販売している
ミノキシジル溶液を含んだ育毛剤ですが、07から11まで種類があり、
2%から12%のミノキシジルが配合されています。

 

日本で直接購入できないため、ポラリスを買う場合は個人輸入に
なりますが、日本のリアップX5がミノキシジル濃度が5%なのに対し、
ポラリスは12%まであるので、それだけ効果は期待できるでしょう。

 

しかしその反面、心配なのが副作用です。

 

ポラリスもミノキシジル溶液を含んだ育毛剤であるため、
当然、副作用のリスクはあります。

 

では、ポラリスの副作用とはどのようなものなのか、
主なものを見ていきましょう。

 

 

■ポラリスの副作用その1―体毛が濃くなる

 

ミノキシジルを含んだ育毛剤ではおなじみの副作用ですね。

 

リアップX5やミノタブと同様、ポラリスも副作用で
体毛が濃くなる恐れがあります。

 

ポラリスには、血管が拡張され血流がよくなることで
発毛を促進する効果があります。

 

頭皮の血行が良くなれば、髪も太くなりますが、
体のほかの部分の血行も良くなると体毛が濃くなってしまうようです。

 

 

■ポラリスの副作用その2―頭皮の荒れやかゆみ

 

ポラリスは日本の育毛剤よりも刺激が強いため、
この副作用が出やすいといわれています。

 

リアップX5でも頭皮のかぶれなどの副作用があると
言われていますが、より刺激の強いポラリスでは
この副作用はもっと心配ですね。

 

 

■ポラリスの副作用その3―血圧低下

 

ポラリスに含まれているミノキシジルが血管を拡張させるため、
血圧低下の副作用が出る恐れがあります。

 

リアップX5やミノタブでもこの副作用は出る可能性はありますが、
これらよりミノキシジルの濃度が濃いポラリスに関しては
注意が必要です。

 

 

ポラリスの副作用を避けたいのならこの方法で

 

ポラリスは、効果が期待できる反面、上記のような副作用が心配です。

 

そこで、あなたにポラリスの副作用を受けずに薄毛を克服できる
方法についてお話ししたいと思います。

 

私もその方法でAGA(男性型脱毛症)を克服できたので、
私の経験も踏まえてその方法についてこれからお話しします。

 

私は29歳でAGAと診断され、プロペシア(フィナステリド)の
服用を始めました。

 

1年間で12万円もかかりましたが、満足な効果が得られませんでした。

 

私の場合は、副作用ではなくコストが高いことと
満足な効果が得られなかったことに不満を感じ、
ほかの方法を探すことにしました。

 

その結果、副作用の心配が一切ない方法が見つかったのです。
しかも、プロペシア(フィナステリド)の1/5以下のコストで
できる内容でした。

 

プロペシア(フィナステリド)をやめてその方法に切り替えた結果、
プロペシア(フィナステリド)を使わなくても髪を回復させ、
フサフサの髪を取り戻すことができました。

 

 

私が低コストかつ安全に薄毛を克服できた方法それは・・・
薬を使わない育毛法です。

 

 

ポラリスやプロペシア(フィナステリド)など
副作用のリスクがある薬の存在が目立っているため
あまり知られていませんが、薬を使わずに薄毛を克服することは
可能なのです。

 

あなたも薬を使わない育毛に取り組めば、
ポラリスの副作用を心配しなくて済むだけでなく、
金銭的負担を大幅に減らすことができます。

 

是非、ポラリスの副作用を避ける手段として
薬を使わない育毛についてあなたに知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
ポラリスの副作用を受けずに育毛する方法を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにAGAを克服できた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
ポラリスの副作用を避けて安全かつ低コストで
薄毛を克服したいと考えているなら、
無料期間のうちにご登録を。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ