フィナステリド(プロペシア)が妊娠に与える影響について


couple

 

「AGAは治療したいけど、フィナステリド(プロペシア)を
飲むことで妊娠中の奥さんに悪い影響を与えたらどうしよう・・。」

 

あなたはそう思って、色々検索してこのページに
たどり着いたのではないでしょうか。

 

フィナステリド(プロペシア)は、女性特に妊婦に与えては
いけないと言われているので、実際に服用しているあなたは
奥さんに悪影響が出ないかと心配になっているのでしょう。

 

そんなあなたに、これから順を追って
フィナステリド(プロペシア)が妊娠に与える影響について
お話ししたいと思います。

 

 

 

 

まず、どうして女性にフィナステリド(プロペシア)を
与えてはいけないのでしょう。

それは、女性が妊娠している場合、さらにその胎児が
男の子だった場合、胎児の生殖器に悪影響を与える
恐れがあるからです。

 

しかも、女性がフィナステリド(プロペシア)を服用しても、
薄毛改善には全く効果がありません。

 

こういった理由により、女性がフィナステリド(プロペシア)を
飲むことはできないのです。

 

 

 

 

一方で、フィナステリド(プロペシア)を飲んだ男性との間に
妊娠した場合、胎児に影響は出るのでしょうか。

 

私が読んだ専門医の著書によると、結論から言えば、
影響はないそうです。

つまり、フィナステリド(プロペシア)を妊娠している女性が
飲んだ場合は、胎児に悪い影響があるが、男性が飲んだ場合は、
影響がないということです。

 

これで、フィナステリド(プロペシア)服用中のあなたは
安心できたかと思います。

 

 

 

 

あともう一点。フィナステリド(プロペシア)を
服用している男性は、女性に輸血できません。

その女性が男の子を妊娠していた場合、胎児に悪影響を
及ぼす恐れがあるからです。

私もフィナステリド(プロペシア)服用中に献血しようかと
考えたことがありましたが、当時はこういったことは知らなかった
ものの、献血しなくてよかったと思います。

 

 

 

 

以上述べてきたように、女性が服用したり、服用している男性が
女性に輸血しない限り、フィナステリド(プロペシア)が
妊娠に影響を及ぼすことはないみたいです。

しかし、いくら専門医が影響がないといっても、
なんとなく不安が残っているのではないでしょうか。

 

「フィナステリド(プロペシア)を飲んでる自分との間にできた
子供に影響があったらどうしよう。できれば、フィナステリド
(プロペシア)によるリスクゼロでAGA治療したい。」

 

そう思っているなあなたのためにメルマガを用意しました。
それがこちらです。


詳しくはこちらで
メールアドレス

 

こちらで副作用のリスクなしで育毛する方法について語っています。

 

結論から言えば、フィナステリド(プロペシア)に一切頼らなくても
AGAを克服することは可能です。

もしあなたがフィナステリド(プロペシア)によるリスクを一切
負うことなくAGAを克服したいのなら、こちらからメルマガに
登録してみてください。

 

合わないと思えば、メール内よりいつでも解除できます。
今なら無料ですので、試しに登録してみてはいかがでしょうか。

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ