ストレスではげる恐怖が永遠に続くと思っていた。しかし・・・


 

 

ストレスではげる恐怖におびえていたころの話

 

あれは、私が26歳のころの話です。

 

当時、私は自分の性格に合わない職場にいて
仕事上で多くのストレスを抱えていました。

 

そんな多くのストレスを抱えながら生活していたある日、
鏡をみると、分け目が薄くなっていました。

 

 

確かに私には、はげる要素がありました。

 

父親がはげだからです。

 

 

しかし、父親がはげたのは40代か50代のころです。

 

なので、もし自分がはげるとしてもそのくらいの
年齢からだと思っていました。

 

いかに仕事のストレスが多かったとはいえ、
20代の若さではげるなどとは夢にも思わず
大きなショックを受けました。

 

職場にいる間はストレスを受け続けていたため、
どんどんストレスがたまっていきました。

 

それに伴って、抜け毛が悪化しました。

 

 

生活のこともありすぐに仕事をやめるわけにもいかなかったので、
しばらくは仕事を続けながら、ストレスではげるのを防ぐ方法がないか
色々と試してみました。

 

まず、ドラッグストアに行って抜け毛予防のスプレーを買って
シャンプー後に欠かさずスプレーしました。

 

スプレーした後には、爽快感のようなものを得ることが
できたのですが、それで抜け毛が減ることはありませんでした。

 

 

そのほか試したものの中にシャンプーブラシがあります。

 

シャンプーブラシは頭皮の皮脂を除去して血行を改善するので
育毛にいいという宣伝内容を真に受けて、私はシャンプーブラシを
買って一生懸命頭皮をゴシゴシ洗いました。

 

すると、育毛にいいどころか抜け毛がさらにひどくなり、
風呂場の排水溝が抜け毛でいっぱいになってしまいました。

 

 

これはあとから皮膚科医に聞いた話なのですが、
シャンプーブラシの宣伝に関しては、業者が儲けたいから
そう宣伝しているだけで、実際に使うと頭皮が痛んで
抜け毛が悪化してしまうのです。

 

 

食事に関しても改善を試みました。

 

古い迷信で、わかめやこんぶなどの海藻類を食べると
髪が生えるというものがあります。

 

私は、わらをもすがる思いでその迷信を頼りに
わかめをたくさん食べました。

 

それが原因で抜け毛が悪化することはありませんでしたが、
抜け毛が改善されることも髪が増えることもありませんでした。

 

 

このように当時の私は、育毛に関しては
見当違いのことばかりしていたのです。

 

有効な解決策を得られないまま、
私はストレスではげる恐怖に毎日おびえていました。

 

 

30歳になるころには、髪の毛が一本も残っていないかもしれない。

 

 

私は絶望の淵に立たされていました。

 

 

ストレスではげる恐怖が永遠に続くと思っていたけれど・・・

 

仕事上でストレスを受け続け、はげる恐怖を毎日味わっていた私は、
この恐怖が永遠に続き、いずれは髪がなくなってしまうのだろうと
絶望に打ちひしがれていました。

 

 

しかし、ある方法を見つけたことで
私は希望を見出すことができたのです。

 

その方法を実践したおかげで30歳を過ぎた今、
26歳の時よりもフサフサの髪を維持できています。

 

 

そう、適切な方法さえ知っていれば、
ストレスではげる恐怖を克服し、
フサフサの髪を取り戻すことは可能なのです。

 

かつての私と同じように、ストレスではげる恐怖に
苦しんでいるあなたにも、私と同じ喜びを味わってほしいのです。

 

 

そこで、あなたのためにメルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

当メルマガにご登録いただいた方限定で
仕事のストレスではげる恐怖に苦しんでいた私が
フサフサになれた具体的な方法について明かしてしまいます。

 

今なら無料で登録できますので、ストレスではげる恐怖から
解放されたいと考えているなら、今のうちにご登録をどうぞ。

 

もし、まだ迷っているのであれば、
私がフサフサになれた経緯についてもう少しお話ししていくので、
その話をご覧いただいてから検討していただければと思います。

 

 

29歳で衝撃のAGA診断

 

仕事のストレスではげる恐怖におびえていた私は、
髪を優先して仕事をやめました。

 

その後、あの時ほど仕事上でストレスを受けることは
ありませんでしたが、有効な方法が見つからず
依然として抜け毛は治まりませんでした。

 

シャンプーをするたびに腕を伝って
髪がどんどん抜けていくのを感じました。

 

ストレスの原因だった仕事をやめてから3年経って
29歳になったある日のことです。

 

シャンプーをしていると、頭皮ににきびのようなものが
できていました。

 

 

私は元々、にきびのできやすい体質で
頭皮にできることも珍しくありませんでした。

 

これは実際に経験がないとわかりづらいと思うのですが、
頭皮ににきびができると、シャンプーをするときに邪魔ですし、
痛いのです。

 

私は今回も頭皮ににきびができたのだと思い、
皮膚科で治療してもらうことにしました。

 

医師に診てもらうと、にきびだと思っていたものは
イボであることが判明しました。

 

医師はイボに冷凍スプレーをかけて凍らせて
治療するといいました。

 

不安になった私は医師に

 

「先生、そんなことをすると毛穴が詰まってハゲませんかね?」

 

 

すると次の瞬間、医師の口から衝撃の一言が返ってきました。

 

「いやあ~、薄くなってるねえ。AGA(男性型脱毛症)だよ。
毛はまだ残ってるんだけど、細いからはげに見えるんだよねえ。」

 

 

思い込みでも考えすぎでもなく、
医学的にはげであると宣告された瞬間でした。

 

 

プロペシアによる治療を開始するものの・・・

 

AGA診断後、プロペシア(フィナステリド)による治療を
開始しました。

 

男性ホルモンの一種であるテストステロンが
5αリダクターゼという還元酵素の影響を受けて
ジヒドロテストステロン(DHT)という悪性の男性ホルモンに
変換されます。

 

このDHTによってAGAによる抜け毛が引き起こされるのです。

 

プロペシア(フィナステリド)は、5αリダクターゼを抑制して
テストステロンがDHTになるのを防ぐことで
抜け毛を抑える効果があります。

 

簡単に言えば、プロペシア(フィナステリド)を飲むと
AGAによる抜け毛を抑えられるということです。

 

 

確かに、プロペシア(フィナステリド)を服用すれば、
AGAによる抜け毛は抑えることができました。

 

しかし、プロペシア(フィナステリド)にはいろいろと
問題がありました。

 

 

まずはコストです。

 

プロペシア(フィナステリド)は、健康保険が適応されないため、
全額自己負担で支払わなければなりません。

 

私が服用していたころは、ひと月当たり1万円かかりました。

 

1年間プロペシア(フィナステリド)を続けたので、
合計12万円もかかってしまいました。

 

それで効果があればまだいいのですが、
満足な効果を得られたとはいいがたく
せいぜい現状維持程度の効果しか得ることはできませんでした。

 

 

私は、高額な割に効果の薄いプロペシア(フィナステリド)に
強い不満を感じるようになりました。

 

 

コストを大幅に削ったうえにフサフサになれてしまった

 

コストの面でも効果の面でもプロペシア(フィナステリド)に対して
不満を感じた私は、別の方法を探しました。

 

 

すると、ある方法を見つけました。

 

それは、ミノタブ(ミノキシジル)を追加する方法です。

 

AGAによる抜け毛を抑えるプロペシア(フィナステリド)に対し、
ミノタブ(ミノキシジル)は、発毛を促進する薬です。

 

プロペシア(フィナステリド)で抜け毛を抑えつつ、
ミノタブ(ミノキシジル)で発毛を促進するという
攻防一体の効果的な育毛が可能になるため、
この二つの薬の組み合わせは、AGA治療最強と言われています。

 

この方法であれば、効果は期待できそうでした。

 

 

しかし、コスト面で不安がありました。

 

プロペシア(フィナステリド)だけでもかなりの負担なのに
ミノタブ(ミノキシジル)まで追加してしまったら、
さらにコストがかさんでしまう。

 

 

そんな不安があったのです。

 

しかし、私が見つけた方法では、
この二つの薬の効果をひと月当たり2千円程度、
プロペシア(フィナステリド)単独の1/5程度のコストで
得ることができたのです。
(詳細については、メルマガで触れています)

 

私はこの方法を試すことにしました。

 

すると、プロペシア(フィナステリド)だけでは
1年経っても満足な効果を得られなかったのが、
2ヶ月程度で髪が太くなるのを感じることができ、
1年もたたないうちにフサフサになることができました。

 

金銭的負担を大幅に減らせただけでなく、
AGA治療最強の効果を得られたことに私は大変満足しました。

 

 

しかし、後に私はこの方法に対して不満を
もつようになりました。

 

 

フサフサになれたのに強い不満があった

 

上で述べた方法で、確かに金銭的負担を大幅に減らして
フサフサになることはできます。

 

 

しかし、私はこの方法に対して強い不満を持つように
なったのでした。

 

それはなぜか?
これらの薬にはある致命的な欠点があったからです。

 

 

その致命的な欠点とは・・・服用をやめると効果がなくなることです。

 

 

これらの薬は、AGA治療最強と言われるだけあって確かに効果が
あります。

 

これらでフサフサになることは可能です。

 

ただし、フサフサになったからといって
服用をやめていいわけではありません。

 

これらの薬にAGAを完治させる力はなく、
服用をやめれば効果がなくなり、再び薄毛が進行します。

 

 

つまり、髪を維持するために一生これらの薬を飲み続けなければ
ならないということなのです。

 

私はこのことに対して強い不満を持つようになりました。

 

 

不満を解消し、髪を維持するためのコストがゼロ円に

 

プロペシア(フィナステリド)やミノタブ(ミノキシジル)に対し
強い不満を持っていた私は、不満を解消すべく
別の方法を探しました。

 

するとある方法を見つけました。

 

その方法にかかるコストは、
ひと月当たり2千円以下だったのです。

 

しかも、副作用のリスクが一切なかったのです。

 

そして、髪を維持するために一生薬を飲み続ける
必要もありませんでした。

 

 

その方法とは・・・薬を使わない育毛法です。

 

 

プロペシア(フィナステリド)やミノタブ(ミノキシジル)など
薬による育毛が目立っているためあまり知られていませんが、
薬を使わずにフサフサになることは可能なのです。

 

私はプロペシア(フィナステリド)やミノタブ(ミノキシジル)を
やめて、薬を使わない育毛に切り替えましたが、
そのおかげで、これらの薬を飲んでいたころよりもさらに
髪が回復し、これらの薬に頼らなくても髪が維持できるように
なったのです。

 

これらの薬に頼っていたころは、髪を維持するために
毎月お金をはらい続けていましたが、
今では薬を使わない育毛法のおかげで
毎月の育毛コストはゼロ円です。

 

是非、あなたにも薬を使わず低コストで
フサフサになれるという事実を知っていただきたいと思います。

 

 

そこで今回、メルマガを用意しました。
メルマガ名は「低コスト育毛倶楽部」です。

 

文字通り、あまりお金をかけずに育毛することを目的としていますが、
副作用のリスクがない安全な育毛を特に重視しています。

 

当メルマガにご登録いただければ、
私が薬を使わずにフサフサになれた方法について
お伝えいたします。

 

今なら無料で登録できます。
薬を使わない低コストかつ安全な育毛法に興味をもっていただけたのなら、
無料期間のうちにご登録を。

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
after2months
低コスト育毛マスター:本庄雅人 26歳のころ、仕事のストレスで
薄毛になり白髪が大量に増えた。
29歳でAGA診断、高額な治療費に頭を悩まされた。その後、コストを1/5以下に下げて1年も経たないうちに
AGAを克服。現在では、薬を一切使うことなく髪を維持できている。 ⇒詳しいプロフィールはこちら
 
まずはこちらの記事から
サイトマップ(カテゴリー)
AGA克服までの軌跡
















ページの先頭へ